20170503_0952(2000)@

投稿日:2018年12月21日 更新日:

三脚を構えて夜明けを待っていると、いよいよという時に日が出る東の空に薄雲が現れ、朝焼けを遮ります。
なぬ~~~っ。せっかくここまで来たのに、一番の目的を達成することができませんでした。
何とか薄日で朝焼けを撮り、下山。
昨日苦戦した槍の穂先からの下山は、雪が閉まっていたこともあり、サクサクっと40分で降りることができました。

-

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2020 All Rights Reserved.