鍾乳洞

日原鍾乳洞 ~真夏の避暑で奥多摩最奥にある関東最大級の鍾乳洞へ!~

投稿日:2017年8月11日 更新日:

2か月前に岩手県の龍泉洞に寄り、鍾乳洞もなかなかの撮影スポットだと味を占めた模様。
夏の盛りで暑い中、涼める場所を調べていると、なんと近くの奥多摩にも鍾乳洞があるではないか。
そこで夏の涼みに、奥多摩の払沢の滝と日原鍾乳洞に行ってきました。
関東最大と言われる日原鍾乳洞をご紹介します。

撮影記 2017年8月11日

EOS5DsR+EF24-70mmF2.8LⅡUSM 24mm f8 30sec ISO100

午前中に払沢の滝を巡った後、午後に日原鍾乳洞に到着。
まさか行きつくした感のある奥多摩にこんなスポットが残っていたとは。
日原鍾乳洞に近くなると、本当に奥多摩の奥の奥といった感じ。
さすがにここまでは来たことなかったな~。

部分部分車ですれ違うのも大変な細い道を進んでいくと、なんと渋滞待駐車場待ち。
後から知りましたが、ゴールデンウィークや8月の夏の時期は渋滞待ちとなるようです。
急いでもいないので、渋滞の最後尾に並んで1時間ほどで日原鍾乳洞の駐車場に案内される。
こんな山深い所にこれだけの人が集まるのが不思議。

ようやくといった感じで入場すると、外は猛暑ですが鍾乳洞内はひんやり。
夏に込み合う理由が分かる気がする。

狭い道内を抜けると鍾乳洞が縦に広がる。
う~ん、まさに鍾乳洞ですね。
鍾乳洞の中はライトアップされており、赤や紫や緑色に次々を色を変えていく。
派手過ぎてなんか毒々しい気がする。
もう少しシンプルな色合いの方が好きだな。

鍾乳洞は三脚さえあれば、確実に綺麗なライトアップが撮れます。
天候に左右されないのが自分的には非常にいい。
そうだ、全国の鍾乳洞、各地に行ったついでに寄ってみることにしよう。

この記事が役に立ったら応援クリックお願いします。綺麗なシーンをお届けします。

-鍾乳洞

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2019 All Rights Reserved.