EPIC

〔EPIC〕XC用軽量マウンテンバイクに超軽量ペダルを付ける ~ペアで185g~

投稿日:2023年6月1日 更新日:

購入したXC用軽量マウンテンバイク、スペシャライズドのEPICにはどんなペダルを付けましょう?以下の2点のポイントで探すことにしました。
① ペアで200g以下の重量
② 鋭利過ぎない滑り止めのピン

EPIC自体が軽量モデルのため、多少踏み面が小さくともペダルも合わせて軽量モデルにした方がバランスが良さそうです。またペダルも回転体のため可能な限り軽く、ペアで200g以下の超軽量ペダルを探してみます。

またペダルの中には滑り止めのピンが鋭利なものがあり、そんなペダルを付けると靴底をボコボコに痛めてくれます。以前そんなペダルを付けたら通勤用の革靴がボロボロになったので、ピンを全部抜いてしまったことがありました(笑)。

超軽量ペダル_取付け

amazonで探していたら、おあつらえ向きの超軽量ペダルがありました。MicroOHEROというメーカーのPD-R87CTiというモデルで、ペアで185gとなっています。メーカーが気になったので調べてみたら、「日本国内で設計し中国の自社工場で製造を行っております」とHPに出ていました。
ペアで185gは、ペダルの中でもずば抜けて軽いですね。”超軽量”というポイントでは十分です。

もう1つのポイントである滑り止めピンの形状ですが、ピンも大きく角も丸めてあるので、靴にはしっかりグリップする一方、過度に靴を傷める心配はなさそうです。
踏み面は84mm×94mmと縦も横も10cmを切ってますが、なんとか大丈夫でしょう。踏み面の大きさと軽量さはトレードオフ、ペアで185gの重量が魅力的すぎます。

EPICに装着しました。EPICは艶消しブラックの車体にポイントポイントで赤色が入ります。ペダルも艶消しブラックに赤色のピンで、同系色でぴったしマッチします。見るからに軽量なペダルもEPICにマッチしていいです。とても気に入りました。

 

軽量化

カタログ値185gに対して実測184gで、持った感じ本当に軽いです。これで耐久性で問題なければバッチリです。

 

超軽量ペダル_レビュー

EPICで2,000kmほど走りましたが、回転も買った当初のままスムーズで、今のところ耐久性に問題ありません。
踏み面が84mm×94mmと小さいという問題ですが、慣れです。ちなみに自分の靴のサイズは25.5cmで、標準的な大きさでしょうか。踏み面が大きいと安心感は大きいですが、雑に足を置きがちになります。一方、踏み面が小さいと意識してしっかり足を合わせて置くようになるので、軽量と合わせてよいかなと思いました。
グリップも十分で、靴底も痛むことはないので安心感があります

一万円を超すペダルではないので、重量を考えればコストパフォーマンスはいいと思います。よい買い物しました。LEVOのペダルもこれに変えようかしら。

この記事が役に立ったら応援クリックお願いします。綺麗なシーンをお届けします。

-EPIC

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2024 All Rights Reserved.