花04月

河口湖の桜と富士山 ~この景色は二度と見れないかも!雪と桜と絶景富士~

投稿日:2020年4月14日 更新日:

4月半ばに近づき虎視眈々と河口湖の桜を狙っていると、嘘みたいに真冬のような冷え込みと冷たい雨が降り続く。
山中湖あたりでは雪が積もっているに違いない。そして、明日朝は晴れ予報。
これは桜と降雪直後の雪景色が撮れるかもしない。
リモート勤務で生じた朝の時間を活かして、河口湖に桜と雪景色を撮ってきました。
桜と雪に彩られる富士山の滅多に見れない絶景をご紹介します。

河口湖富士_撮影記 2020年4月14日(05:20~7:30)

EOS5DsR+EF24-70mmF2.8LⅡUSM 61mm f16 1/25sec ISO100 PLフィルター

三国峠から山中湖へアクセスすると、案の定、積雪が現れ始める。
積雪はあるけど既に4月。気温は高いから大丈夫だとは思うが、慎重にノーマルタイヤで積雪の三国峠を越える。
冬はスタッドレスタイヤを付けていますが、さすがに4月中旬まではスタッドレスは付けていない。
先週ノーマルタイヤに付け替えてしまったよ。
雪道には慣れているので、慎重に運転をしていくと、無事三国峠を越えて山梨県に入る。
道路脇の積雪は30cm以上もあり、4月に入ってこれだけ雪が降るのは滅多にお目にかかれない。
パノラマ台手前で朝焼けを迎えるが、真冬のようには真っ赤には焼けなかった。

今日の目的は河口湖の桜。桜を撮りに来たら雪景色まで取れてしまってなんか変な感じだ。
河口湖に着くと、たっぷりの雪と満開の桜と降雪直後の真っ白な富士。
うわぉ、最高だな!満開の桜に雪が積もっていて、見慣れない景色過ぎてよく分からない。
この組み合わせは、狙ってきても金輪際二度と撮れないような気がする。
まずは満開の桜と真っ白な富士の組み合わせを探して撮り歩く。
反対側を見れば、雪を被った御坂山塊が一部の隙もなく真っ白に雪化粧をしている。
真冬でも絶対にここまでは白くはならない。八ヶ岳だって早々はここまで白くはならないぞ。
この春の湿った雪でないと、ここまで白くはならないでしょう。
これまた二度と見ることができない景色なので、目に焼き付けておこう。

EOS5DsR+EF24-70mmF2.8LⅡUSM 31mm f16 1/30sec ISO100 PLフィルター

河口湖半からは桜の越しに降雪直後の真っ白な富士。
いや、今日は言うことないな。頑張って来てよかった。
河口湖畔を移動しながら桜と富士のスポットを探して移動していく。
桜の枝と花の上には雪が積もり、地面には真っ白な雪。
まさしく冬と春が混在している、激レアな見たことがない景色が広がっている。

EOS5DsR+EF24-70mmF2.8LⅡUSM 38mm f16 1/60sec ISO100 PLフィルター

何枚も何枚も雪と桜と富士の写真が出来上がる。
二度と撮れないから、思いつく限りのカットを撮っておこう。
平日の朝ということからも人はほぼいないが、数人の富士マニアはしっかりと富士周辺に集まっていた。
自分と同じように、桜越しの富士山が狙い目。
ポジションを突き詰めていくと、やっぱり同じポジションに至る。
三脚を構え何を粘っているのか分からないが、全く場所を譲ってくれない人もいれば譲ってくれる人もいる。
河口湖の真ん中あたりまで回り込むと、そろそろ桜並木も終わり。
雪を被った桜の木と湖畔に積もる雪と真っ白な富士山。
なにかに対してか分からないが、感謝の気持ちがわき上がってくる。
最後は濃いピンクのシダレザクラと富士。ちょっとまだ咲いてなかった。

ここまで粘ってもまだ7時半。まだ余裕があるけれどそろそろタイムリミットが近づいてきた。
早朝から絶景を拝んで気力は充実!
早く帰って、今日もお仕事頑張りましょう。

この記事が役に立ったら応援クリックお願いします。綺麗なシーンをお届けします。

-花04月
-, ,

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2020 All Rights Reserved.