九州

〔300名山〕鶴見岳 ~ロープウェイでさっくり登頂!九重連山至福のドライブ~

投稿日:2015年5月2日 更新日:

四国九州遠征4日目。
九州に上陸して早朝さっくり登った200名山の由布岳の隣には、小高い300名山の鶴見岳が並ぶ。
しかもロープウェイで楽々アクセスできるので、登らない手はありません。
鶴見山からの展望をご紹介します。

shibawannkoのワンポイントアドバイス

〔難易度〕 ロープウェイ使用で所要時間1時間30分前後で登頂できる。
〔駐車場〕 ロープウェイ乗り場の大駐車場(トイレあり)。
〔ロープウェイ〕  09:00~17:30(冬季17:00)/大人往復1,600円
〔高山植物〕5月下旬~6月初旬にかけてミヤマキリシマが開花。できればこの時期に訪れたい。

山行記録 2015年5月2日

鶴見岳(10:10~11:40)

EOS5D MarkⅡ+EF24-105mmF4L IS USM 28mm f16 1/30sec ISO200 PLフィルター

由布岳を早々09:40に下山して隣の鶴見山へ。
遠征中の貴重な時間と体力をセーブするため、ロープウェイで楽々アクセス。
登山者ですが、ロープウェイ等の人口の交通機関がある場合は迷わず使います。
山頂まではロープウェイ山上駅から緩い傾斜を上って10分程度で山頂に到着。
小さな富士山みたいな独立峰の鶴見岳からは360度の展望が広がります。
遠くに見えるのは九重連山か。
さっき登ったばかりの由布岳が真正面に見える。
由布岳は双耳峰と言うには可愛らしいですが、ボコボコと2つピークが並ぶ本当に特徴的な山です。

鶴見岳はミヤマキリシマの名所で、至る所につつじの株が大きな蕾をつけている。
しかしGWではまだ早いようで残念ながら咲いていません。
6月の開花時期に来たらきっと綺麗なのでしょう。
そんなこんなで心の中でキリシマツツジを咲かせつつ、鶴見岳を後にしました。
ロープウェイで楽にアクセスできて、花も綺麗な山って素敵です。

九重連山ドライブ

EOS5D MarkⅡ+EF24-105mmF4L IS USM 30mm f16 1/30sec ISO200 PLフィルター

今日のメイン目的は、由布岳と鶴見岳だけではなく阿蘇山の草千里で妻を乗馬させること。
早々に由布岳と鶴見岳の登頂を果たし、阿蘇山へ向かいます。
鶴見岳から阿蘇山へ向かうまでは九重連山を縦断します。
天気も良いので、九重連山も片っ端から登りたいのですが、詰まった日程の都合から阿蘇の草千里を優先することに。

途中綺麗な池があり、池の周りにはもう真っ赤なツツジが咲き始めている。
そしてその奥には九重連山が聳える。
妻のsibawanwanも初めての九州で楽しそう。
何やら池の中を覗き込んでいる。

近づいてくる、特徴的な山容の九重連山。
文字通りの「山」って感じ。
さらに近づくと、観光案内によく出てくる長者原に着く。
高原大地を走る1本の車道の奥には聳え立つような九重連山。
素晴らしい光景です。
多くの人が車を止めて景色を楽しんでいました。
美しいワインディングロードを走る至福のドライブです。

至福のドライブで九重連山を通り過ぎると、目的地の阿蘇山が見えてくる。
九重連山、至福のドライブをありがとう。
次はミヤマキリシマの季節を合わせて訪れたいな。

この記事が役に立ったら応援クリックお願いします。綺麗なシーンをお届けします。

-九州
-,

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2020 All Rights Reserved.