201508 SUPER GT Round3@鈴鹿 ~レースクィーン写真館~

超望遠ズームを手に入れモータースポーツ撮影が可能になったことから、鈴鹿まで初めてスーパーGTを撮りに行ってきました。
ピットウォークの様子を紹介します。

2015年8月29日 ピットウォーク(予選)

EOS5DsR+EF24-105mmF4L IS USM 82mmトリミング中 f8 1/25sec ISO100

予選のピットウォークは、どう撮ってよいのかわからず、とりあえず標準ズーム28-105mmを付けて臨みます。
しかしF8まで絞ってしまったり目線をもらわなかったりと、初めてのレースクィーン撮影はうまく行かない事ばかり。
そして標準ズームの望遠端の105mmでは、やや届かない感じがする。
途中からEF100-400mmF4L ISⅡUSMに交換しました。

2015年8月30日 ピットウォーク(決勝)

EOS5DsR+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡUSM 142mmトリミング小 f6.3 1/125sec ISO100

決勝のピットウォークでは、予選で使いやすかったEF100-400mmF4L ISⅡUSMでいきます。
手振れ補正も強力に効きますが、超望遠域まで使うとさすがにブレが凄いです。
超望遠ズームの方がいかようにも切り取れてブレさえ気を付ければ、画角的には非常に使いやすい。
撮り慣れてないせいか、後から見るとやはり目線をもらわないと。。。

2015年8月30日 グリッドウォーク

EOS5DsR+EF24-105mmF4L IS USM 35mmトリミング小 f8 1/125sec ISO100 PLフィルター

撮り方が分からないまま、決勝のグリッドウォークへ。
さすがにマシンとお姉さんまで近いので24-105mmで撮影。
マシンを入れて広く撮ると雨天の空が多く入り、どれもどアンダーな写真を量産(すべて大幅補正)。
そして傘が陰になって、スピードライトがないと顔が暗く映ってしまいます。
写真はやはり経験値がモノを言いますね。
次はきっとうまく綺麗に。
いい笑顔をありがとうございました。

投稿日:2015年8月30日 更新日:

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2020 All Rights Reserved.