秩父・多摩・南関東

〔200名山〕櫛形山 ~富士山と南アルプスの絶好の展望台!池の茶屋登山口よりスピードハイク~

投稿日:2013年10月27日 更新日:

甲信越地方の紅葉の200名山巡りの初日。
今日は紅葉の七面山を登った後に、同じく200名山の櫛形山を登るダブルヘッターの計画。
朝から登った七面山は標高差が1,500mもあり手強く既に結構ヘロヘロですが、急いで櫛形山に向かいます。
紅葉の櫛形山と絶景富士をご紹介します。

shibawannkoのワンポイントアドバイス

〔難易度〕  池の茶屋登山口から①標高差200m②往復3.5km③CT1.75hで、標高差も距離もないハイキング
〔駐車場〕  池の茶屋登山口に10台駐車場あり(無料、トイレあり)。
〔紅葉の見頃〕10月末。針葉樹林の中に紅葉する落葉樹が点在して味があるが、数は少ない。

山行記録 2013年10月27日(15:20 ~ 16:50)

EOS5D MarkⅡ+EF24-105mmF4L IS USM 40mm f16 1/20sec ISO200 PLフィルター

七面山に引き続き、本日2山目の櫛形山へ急ぎます。
池の茶屋林道は長いですが、その分標高をガッツリ稼いでくれるのがありがたい。
池の茶屋林道の途中からは、深い谷の向こうに麓の街並みがよく分かる。
そして稜線の向こうには、ぽっこり富士が現れる。
もう日没間際で、日中沸いた雲も完全にとれている。
よくここまで林道を作ってくれたものだ。

丸山林道と別れ稜線上のスカイラインに乗ると、今度は西の方角に南アルプスの山々が西日に浮かび上がる。
おお~っ、すげーな!
櫛形山は南アルプス前衛の山で、南アルプスが見えておかしくはないですが、その巨大な山塊は迫力があります。
あの稜線歩いたはずなんですが、それは大変なはずですよね。
思わず誰もいなくなった林道に車を止めて写真撮影。

EOS5D MarkⅡ+EF70-200mmF4L IS USM 70mm f11 4sec ISO200 PLフィルター

15:20 池の茶屋林道を終点まで行くと池の茶屋登山口に着きます。駐車してすぐに登山開始。
まずは日没までに山頂に着きたかったので、ノンストップで急ぎます。
16:00 コースタイム1時間のところ、40分弱で展望のきかない山頂着。
展望がないならば何も撮るものがない。。。
撮るものが何もないけれど、200名山の山頂に立ったという満足感はある。
車でほとんど上がったので、このお買い得感がたまらない(笑)。

木の枝に垂れ下がるとろろ昆布を見つつ、南アルプスを感じながらすぐ下山。
太陽は雲に隠れましたが、残照に照らされるところどころある紅葉の木が奇麗奇麗。
風もないので長時間露光で櫛形山の紅葉を撮ることができました。

アヤメで有名な櫛形山ですが、ほとんどシカの食害でなくなってしまったので、時期としては秋が良いのでしょうか。
短い時間ながらも、櫛形山の紅葉と富士山と南アルプスの展望が見れた満足の行く山行でした。
そして今日は、七面山と櫛形山の2つの200名山を好条件で登れて、充実感が半端ない。
次は新緑のアヤメの時期にでも来てみましょうか。
すべてが上手くいった、秋の200名山ダブルヘッターでした。紅葉と天気に感謝感謝。

この記事が役に立ったら応援クリックお願いします。綺麗なシーンをお届けします。

-秩父・多摩・南関東
-,

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2020 All Rights Reserved.