八ヶ岳

〔100名山〕霧ヶ峰 冬 ~車山高原スキー場より八ヶ岳夕景~

投稿日:2016年2月10日 更新日:

待ちに待った雪が降った。
雪が降ったから今日は雪山登山ではなく、車山高原スキー場で良質な雪で一日スキー三昧。
けどスキーだけではもったいないので、山頂の霧ヶ峰から八ヶ岳を狙ってみました。

撮影記 2016年2月10日

車山高原スキー場より

EOS5DsR+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡUSM 271mm f8 1/200sec ISO100 PLフィルター

雪が降ったので近年よく行っている霧ヶ峰高原スキー場へ。
降雪直後の高原風景を楽しむべく、わざわざビーナスラインからアクセス。
雪の急斜面も四駆+スタッドレスでぐいぐい登って行く。

車山高原に出ると一面の雪景色が広がる。
この広さがたまらなくいい。
そして雪に覆われた台地は美しい。

車山高原でスキー合宿をしているうちに、午後の良い光線状態になってきました。
一度車まで戻り、100-400mmの超望遠レンズと三脚を担いでゲレンデトップまで。
霧ヶ峰高原山頂より向かいの八ヶ岳連峰を狙う。
降雪直後の雪に覆われて峰々が白く輝く。
やっぱり雪山はこうでなくっちゃ。

その中でもとりわけ赤岳と阿弥陀岳の尖り具合が凄い。
午後の光で立体的に浮かび上がる。
ここ霧ヶ峰がら見る赤岳と阿弥陀岳の角度が素晴らしいですね。

一方ゲレンデ方面を見ると、真っ白く雪を被った蓼科山と北横岳が迫力がある。
裾野の木々まで雪を被っており、今が降雪直後で一番綺麗に見える。
このまま日没まで晴れ渡りそうなので、夕景も狙ってみましょう。

ビーナスラインより

EOS5DsR+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡUSM 400mmトリミング f8 1/15sec ISO100 PLフィルター

日没を迎える前に最終リフトが終わるため、夕景撮影のために早めにスキー場を後にする。
朝来たビーナスラインを諏訪方面へ暫く行くと、いくつか展望がきく駐車スペースがあるのでそこから夕景を狙うことに。

真冬の澄み切った日であるため、八ヶ岳が真っ赤に染まり始めた。
普段山歩きでは絶対に持ってこない100-400mmの超望遠レンズが絶大な威力を発揮する。
真っ赤に染まった赤岳と阿弥陀岳を捉える。
素晴らしい。。。

南側には富士山が同じく真っ赤に染まる。
手前の木々と雪の斜面との組み合わせがなんだか綺麗。
東側には北横岳が真っ赤に染まる。
最後は西側の北岳や仙丈ケ岳も残照でピンクに染まり、雪が積もった麓では明かりが目立ち始めていた。

ここビーナスラインからの眺望は素晴らしいですね。
山に登らなくてもこれだけの光景が撮れるとは。
霧ヶ峰からの夕景撮影、お勧めです。

最後までお読み頂きありがとうございました。参考になりましたらポチポチっと2つお願いします! ➡ ➡

Follow me!

-八ヶ岳
-, , ,

Copyright© shibawannkoの撮影山行 , 2019 All Rights Reserved.